カテゴリー「2009ハワイ」の記事

2009年12月17日 (木)

ハワイ7日目 その2!&国内移動編

帰りももちろん関空への直行便ではなく、成田経由です
今度は欠航で他社便に振り返られることもなく、予定通りユナイテッド便に乗れました。

出発前に悩んでいたエコノミープラス(通常のエコノミー席よりちょっとイイ席)なんですが、結局は、直前に$89/1人の追加料金を払って予約を変更しました。

通常のエコノミー席とは、前後の座席間隔が少し広い=足元が少し広くなるだけの違いです。
シート幅も同じなので、追加料金を払う程のことはないかも…と思ったりもしましたが、帰路はフライト時間も長くなる&旅疲れもドーッと押し寄せてくるので、思い切りましたっ

結果的にはこの決断が幸いしました
というのも、エコノミープラス席はガラガラだったのですー 周辺には誰もいない…
メンマが中央ブロックに移動し、私は3席使って横になって寝ることができました

足元もちょっとゆとりがあるって程度ですが、5時間を超えるフライトだったら追加料金を払う価値はあると思います。
通常のエコノミー席が混んでいるとしても、エコノミープラスは今回のように空いている可能性が高いと思うので、そうなると私のようなラクラクポーズで移動できる可能性がありますしね。

私はまたも飛行機酔いのような症状が出てきてアブナイ感じだったのですが、ABCストアでゲットした酔い止め薬でなんとか乗り切れました よく効く薬でした~
薬の副作用もあってか機内でもよく眠れましたし、帰りは本当にラクラクでした…が、突然飛行機酔いするようになってしまいめちゃくちゃ悲しいです。

そんなこんなで成田に到着。

Photo伊丹便への乗り継ぎタイムに銀だこというたこ焼き屋さんを見つけて一気食い
私にとってはたこ焼きは家で作って食べるものなので、外でお金を出して食べたいなんて思うことはほとんどないのですが、あの時はたこ焼きが食べたくて食べたくて仕方がなく、異常でした。 

Photo_2ラウンジに寄ってしばし休憩の後、久々に地上から飛行機に乗りました。
こんな風に飛行機に乗ったのは、ホノルルからハワイ島へ移動した時以来だったと思うのですが、乗り込むのにすごく時間がかかってしまい、出発時刻が過ぎてもまだ並んでいました

やっと乗れたかと思いきや、私達のシート上の荷物置き場は荷物がパンパン状態。
他人のシートの上に早々と荷物を置くなんて…自分には考えられないことですが、「もうどこにも空きスペースがないので私の方でお預かりさせていただくしかないのですが、その場所ももう…」とCAさんもすごくお困りだったので、「荷物を圧縮させて前方シートの下に押し込んでみます」…と足蹴り。
私の足元は超狭くなってしまい体育座りのポーズで帰るハメになりましたが、無事に押し込めてよかったです

機内持ち込み手荷物の大きさや重量の制限が厳しくなったのも、このような荷物押し込みタイムが余分にかかったりしていることが一因だそうですが、この制限、必要なことだと思います

伊丹に到着
伊丹着の便は、必ず右サイドの窓際をキープ
着陸寸前に自宅マンションがチラっと見えるので、「無事帰ってきたなぁ~」と実感できるのがGoodです。

ってことで、ハワイ旅行記もこれで完結

何ヶ月かかっとんねんって感じですが、今回のハワイ旅行は本当に楽しかったです。
その大きな要因はやっぱりレンタカー

阪神高速よりずーっと空いていて大阪のドライブマナーとは比較にならないくらい平和なハワイであるにも関わらず、最初は異常に怖かったんですが、そこを乗り越えるとこれまでと一味違ったハワイが見えてきました。
勇気を持って挑戦することは大切です

早くまた行きたいでーす

2009年12月16日 (水)

ハワイ7日目 その1!

午前7時起床

Photo_9この日の朝食はハウスウイズアウトキー。
2度目ってこともあり新鮮味もなく、やっぱりフツーでした。
私的には、オーキッズでアラカルトの朝食がよかったんですが、メンマはすでにオーキッズのことなど忘れてしまった風です。(メンマはビュッフェ好き)
私も、どーしてもオーキッズに行きたい!という熱い思いがあるわけでもないので、ハウスウイズアウトキーにしました。

ハレクラニに限ったことではないのですが、フレッシュジュースは気持ちまでスカッとなる美味しさです

部屋に戻って、ラナイから外を眺めました。

Photo_10Photo_11

ちょっと右を向けばキレイな海が眺められるのですが、正面と左側は… 天と地の差がありんす

午前9時ジャスト、荷物のピックアップに来てくれたスタッフに荷物を託します。
時間も正確でした (荷物が多かったのでチップは$5)

チェックアウトをあっという間に終え、レンタカーを持ってきてもらいます。
運転席乗り込もうとした私に「Really You」とえらく驚いた様子。
女性ドライバーなんて全然珍しくないって思うんですが、もしや…未成年に見られた あり得ないジョークでーす

ハレクラニは本当に清潔感にあふれた居心地のよいホテルでした…が1泊に$500以上払った価値があるかというと、そうでもなかったです。
かといって、損したーという後悔の念は全くないので、いい思い出が作れてよかった満足感はあります。

ハレクラニでもらった案内をドドドっと貼っておきますね。

Photo_3 下記↓は表裏です。

Photo_5
Photo_6 

*******************************************

Photo_12

Photo

初日は死ぬほど怖かったハイウエイ。
あの時はめちゃくちゃ怖かったね~~と今だにメンマと話しをするくらい、記憶に深ーく刻まれている出来事です。
スイスイ進むとあっという間に空港が見えてきて、9時35分にホノルル空港に到着

レンタカーの返却はかなりラフでした。
グアムでは返却後にボディチェックをスタッフと一緒に行っていたのですが、「その辺に停めておいて!」とノーチェック。
鍵を返して清算書を受け取ったら終わり…です。

後は、シャトルバスで出発ロビーまで送ってもらって、ユナイテッドのチェックインカウンターまで移動すればいいだけなのですが、ここで予想外の事がありました。

日本の空港ではタダで使える荷物用のカート、これが有料なんです
確か$2~3だったと思いますが、そんなに距離があるわけでもないので、エッサッサと自力で2往復して運びました。
今まで海外で1度もカートを使ったことがなかったので気が付かなかったのですが、日本以外はカートは有料なんですかね

Photo_2セキュリティを通過後はAISSラウンジへ行きました。
免税店に置いてあるものは、どれもこれも高いので(アウトレットやスーパーの方が断然安い)、チラ見程度で素通りです。
探すのに一苦労したラウンジは1階です。(出発ロビーは2階)
スターバックスの近くにあるエレベーターで1階へ下りると案内の看板がありました。

地味なラウンジですが、パソコンが置いてあったのでヤフーメールをチェック。
膨大な迷惑メールの削除作業にいそしみました

飛行機に乗り込みます。
帰りの飛行機は横になって寝ることができたのでラクラクでしたー
詳細は次回で…

ハワイ旅行記もいよいよ大詰めでーす

2009年12月15日 (火)

ハワイ6日目 その6!

Photo_3Photo_4

ショアバードのディナーは肉か魚を頼めばサラダバーが付くので、たくさん食べたい人も満足できると思います。
サラダバーカウンターの横には、自分で選んだ食材(肉や魚など)を焼く大きな鉄板があり、足を踏んだり踏まれたり…和気アイアイです。

Photo_5鉄板の上で焼かれているのはメンマと私のオーダーしたお肉です。
オーダー後、テーブルには火が通っていない生のお肉や魚が運ばれてきます。
後はそれを自分で管理する(焼く)のがショアバードのスタイルですが、焼き加減の目安は教えてくれます。(教えてくれなかった場合は聞いてくださいね)

私はまず8分焼いてひっくり返して裏側を7分…15分ほど焼きました。
メンマは7分6分とかで、肉の部位や厚みなどによって変わってくるのだと思います。
サラダバーにはパンやフルーツもありましたよ。
バター&ガーリックソルトを付けたパンを鉄板で焼けば、ガーリックトーストの出来上がり 自分なりのアレンジも楽しい

ショアバードは、オープンスペースならではの魅力=ハワイの風を感じられるのもGoodなんですが(エアコンで凍り付くことはない)、ハワイにしてはかなりリーズナブルです
メンマも私も12oz(340g)のお肉を選び、その他ドリンクを1杯ずつオーダーして(私はチチ、メンマはノンアルコールのトロピカルジュース)、全部で$44.42でした。
チップを入れてジャスト$50支払ったのですが、これはJCBのクーポンを持っていくと2皿目が50%オフになる裏ワザを生かしております

ハワイのあちこちに置いてあるフリーペーパーでも同じ割引が適用されるクーポンがあったので、ショアバードに行く際は是非クーポンをお持ちくださーい

Photo_6Photo_7

メンマはニューヨークステーキ、私は…なんだったかな~サーロイン!?
前にマヒマヒ(魚)を食べたことがあるのですが、 パサパサしていてイマイチだったので、ショアバード=お肉だと思います。
店内の照明は暗めなので、こんな画像になってしまいました
最初はサンセットをきれいに眺めるための暗め照明だなって思っていたんですが、日が落ちてからも暗かったので、そうでもないみたいです。 エコ?

Photo_8バンド演奏もあります
ドレスコードがあるのかないのかすらわからないカジュアルなお店なので、そういう意味でも気軽に行けると思いますよ。
以上、私がハワイで1番気に入っているレストラン、ショアバードのご紹介でした


お腹も気分も満ち満ちてハレクラニに戻ります
隣なんであっという間に到着です。

翌日はチェックアウトなので、フロントに寄りました。
チェックイン時に担当してくれた日本人の女性スタッフの姿を見かけたので、お別れの挨拶と荷物のピックアップ時間を伝えようと思ったのです。

部屋に戻る途中、ダンボールを持って歩いている宿泊客がいました。
私も荷物をダンボールにまとめたいと思っていたので、通りがかったスタッフにどこでダンボールを入手できるのかを聞いてみました。
館内のショップかインフォメーションで売ってるんだな!と思ったのです。

「いくつ必要ですか?テープや紐はお持ちですか?お部屋までお持ちします。」と言われたので、ダンボール2つのみ(ガムテープや紐は持参してた)を頼んで部屋に戻ります。

せこい私は、自分で買いに行けばスタッフの手を煩わせることもなくチップも不要なのに~と思ったのですが、ダンボールはタダでした。
なので、チップのみ($2)でダンボールを入手できたことになります。
ありがとうハレクラニ ヒルトンでもタダでくれるのかなぁ?

荷物のピックアップ時刻は、飛行機の出発時刻の約3時間前ってことで午前9時です。
9.11のテロ事件以降、セキュリティに時間がかかる場合があり、3時間前の出発をおススメされました。

ハワイ&ハレクラニのラストナイトでした


いよいよ8日目、最終日に突入です
週末の19日(土)から上海なので、それまでには何としても終わらせまーす。

2009年12月14日 (月)

ハワイ6日目 その5!

ワイオリティールームからハレクラニに戻ってくる途中、ファブリックマートに寄りました
今回は、レンタカーを使ったからこそ行けた…なかったら絶対に行ってない場所がいくつもありますが、ファブリックマートもその1つです。

ファブリックマートはいわゆる生地屋さんで、ホテルまでの帰り道なので寄った…程度の興味でしたが、それなりに時間を費やしてしまいました。
トロピカルな生地がたくさんあり、エコバックでも作ってみようとあれこれ生地を探したのですが、モンステラにしてもホヌにしても、柄がビックすぎて断念。
ベッドカバーやテーブルクロスなど、それなりの面積を要する物を作るならなんですが、ブックカバーとかテッシュカバーみたいな小物にはマッチしない感じ

小柄も一応あったんですが、ピンとくるものがなくて何も買わずにお店を後にしました。
日本人客が多かったです~~。

で、午後4時頃にハレクラニに到着

ハレクラニでのレンタカーはバレーパーキングのみです。
車を預ける時(エントランスでスタッフに車のキーを渡す)は、部屋番号を告げて「よろしく!」の声かけのみでいいのですが、ピックアップ時(エントランスまで持ってきてくれる)はチップを渡しました。

ちなみにハレクラニでのチップですが、車のピックアップ時は$2、ベッドメイキングは朝&ターンダウン時それぞれ$2、チェックアウト時の荷物のピックアップでは$5にしました。

部屋に戻ってしばし休憩…メンマも私も2時間程寝てしまいました

Dscf4713ボーっとしていると、フラショーの音が
ウクレレの音色を聞き、カノエさんのフラを遠目に眺めながら、今夜が最後の夜だなぁ~としんみり
今日も席は埋まってますね。
ハワイにいることを実感できるひとときです。

Dscf4714 ズーム

アフタヌーンティに行ったので、今夜は軽食しか食べられないなぁ~と思っていたものの、小腹が空いてきました。
考えてみると、ワイオリのアフタヌーンティは小ぶりです

ラストナイト、夕食の場所に選んだのはショアバード
ハレクラニの隣のアウトリガーリーフホテルにあるので、超至近距離です。
行ったことにないお店にしようかとも思ったものの、お気に入りのショアバードに行くことにしました。

ショアバードには、小腹が空いたじゃなくしっかりお腹が空いた状態で行きたかったので、シャワーを浴びたりしつつ午後7時過ぎに向かいました。

お店は今回も満席です。人気あるんですね

ウエイティングリストに名前を書き、待っている間にビーチに出ると…こんな素晴らしい光景が

Photo_3

Photo_5

前にここへ来た時は、ワイキキビーチウォークの工事が始まったかどうか…ってくらいの頃で、周辺は真っ暗&かなり物騒な感じで、アウトリガーリーフに泊ることなんて全く考えなかったのですが、見違えるようです。
ホテルのエントランス付近も改装されているようですし、アウトリガーリーフも次回のホテル候補地になりました

PhotoPhoto_2

サンセットを眺めつつ、生のバンド演奏を聴きながらのディナータイムです
15分ほど待ったところで席に案内されました。

ショアバードのお食事については次回に続きます

2009年12月11日 (金)

ハワイ6日目 その4!

泳いだ後は部屋で身支度を整え、ワイオリティールーム
6日目ともなると、メンマの運転の怯えもほぼなくなっており、普通に運転席に向かってくれるようになりました。
が、私も時折運転しておかねば逆車線感覚を忘れてしまうので、行きは私が運転しました。
ハレクラニから15分ほどで到着です

このお店は、メンマのリクエストです
メンマはアフタヌーンティ好きですからね…

ワイオリティールームは、ワイキキから車で15分くらいのマノアの山中にあります。
本当はマノアのトレッキングコースにも行ってきたかったんですけど、それは次回のお楽しみに ロストのロケでも使われたらしいマノア

マノアの住宅街をのんびり進んで行くと、左側に看板が見えてきました

Photo_2Photo_3

緑の多い場所はマイナスイオンのおかげもあってか、すごくリラックスできます。
ホヌの事を教えてくれなかったメンマへの苛立ち(?)も一気に吹き飛びました 切り替えは早いが根に持つ性格ですから…

Photo_4Photo_5

ワイオリティールームは、1922年に建てられたハワイで最も古い歴史的建造物として登録されています。
中はとってもラブリーというか、英国風(行ったことないけど)な感じで、雑貨の販売もしています。

私たちは、アフタヌーンティ(前日までの予約が必要)だったのですが、テラス席にはきちんとテーブルセッティングが施されていました。

Photo_6Photo_7

ティーメニューが置いてあり、お持ち帰りください…のメッセージ付のティーポット形のシナモンが添えられています。 すぐに割れてしまいましたが、心温まるブチギフトですね

どのフレーバーにするか…香りを確認しながら選びます。
私はフルーツティを選びました
気に入った物が見つかった時点で決定する私と、一通り試してから選ぶメンマ、当然私の方がチョイスは早いです。

あろうことか、私と同じフレーバーを口走りかけたメンマ。
別々の物を選んでシェアすれば倍楽しめるので、世にも恐ろしいアイビームをメンマに送り…別の物を選んでもらいました。 何度繰り返したがわからないこの会話…

結果的に、メンマはキャラメル系のミルクがマッチしそうなフレーバーを選びましたが、どちらもとてもいい香りで美味しかったです

Photo_8

3段トレーで振舞われたものは、パンが乾き気味のサンドイッチや生春巻きやスコーンなどなど
生春巻き…メニューは英国風じゃないですね。
刻んだ野菜のみがライスペーパーで包まれていました。(エビはナシ)
雰囲気込ってことで満足はしましたが、可はなく不可少々です

Photo_9テラス席なので、鳥のさえずりがあちこちから聞こえてきます。
テーブルの食べ残しには鳥がチュンチュンと群がっていて、可愛いです
家のバルコニーでは、カラスやスズメとしか出会えませんが、マノアにはワイキキでも見かけなかったカラフルな鳥がいました。

とってもリラックスできたアフタヌーンティでした。
今度はアフタヌーンティじゃなく、普通にお茶を飲みに行きたいなぁと思います。
ただし、隣のチャペルで結婚式がある場合は貸切パーティなんかもあるそうなので、やっぱり予約をして営業を確認した方がよさそうですね。

JCBプラザで予約してもらったので、お支払いは当然JCBカード。
税サ・チップ込での請求だったので、計算も不要です。
アフタヌーンティ2人分で$46.02(4,462円)でした

私的には、モアナサーフライダーのアフタヌーンティよりも気に入りました。
ワイキキからちょっと離れてますが、とにかく落ち着きます。(アラモアナからバスも出ているようです)
モアナより安いですし、オススメです。


今週はブログの更新、頑張りましたー
ハワイ旅行記ももーすぐフィニッシュです

2009年12月 9日 (水)

ハワイ6日目 その3!

ハレクラニのプール、泳いでいる人は少ないです。
プールサイドで本を読んだり、ブログの更新なんかをしている人もいました。
耳のいい私は、飛び交う日本語があれこれ耳に入ってくるので、かなり情報通です
メンマと私は、泳いだりボーっとしたり…のんびりしてました。

Photoチェックインした時に置いてあった私たち宛の封書の中に、プールに関する案内もありました。
ラウンジチェアは予約不可であること昼食を楽しむお客様のために、午前11時~午後2時までの間の2時間はラウンジチェアの取り置きが可であることなどが記してあります。

Photo_2Photo_3

パラソル付のチェアに座れるかどうかは運次第ってところですが、午後12時ちょっと前にプールに出向いた私たちはパラソル付を確保できましたよ
メンマも私も日焼けは極力避けたい年頃なので、パラソルがあるかないか…天と地ほどの差があります

Photo_4プールサイドにはこのようなカウンターがあります。
そこに行けばチェアにバスタオルなどをセッティングしてくれます。
そのカウンターには自由に飲めるレモン水(レモンだと思う)が置いてあります。
こじんまりしたハレクラニならではのサービスですね。
客数の多いヒルトンだったら、紙コップのゴミが散乱しそう…

このカウンターの右方向にビーチに出入り扉があります。
鍵付きの扉なのに、鍵が死んでました…誰もが勝手に出入りできます。
ハレクラニのこじんまりしたプールに入りたい…と侵入してくる人もいないでしょうが、そもそも背の低い扉なので、鍵があろうとなかろうと簡単に乗り越えられます。

Photo_5Photo_6

↑ビーチは、潮が引いている時はそこそこのスペースはあります。
しかし潮が満ちてくると…猫の額ほどの狭さになります
夕方にかけて潮が満ちてくることを考えずにバスタオルを敷いて荷物を置いたりすると、気が付けば海に流されてた…なんてことになるので、気をつけてくださいね
私のマリンシューズは波打ち際でヒラヒラ泳いでいました。

そういえばこのマリンシューズ、お買い損でした。
砂浜以外の場所ではツルツル滑るんです
何度、滑って転んでアスファルトで頭を打って流血するかと思ったことか~
ホーキンスの水陸両用のシューズを履いていたメンマは、死にそうになる気配もなく普通に歩いてました。
私のは980円、メンマは3,000円位、値段相応の身の危険があるってことなんでしょーが、安いマリンシューズはオススメしません


ハレクラニ前のビーチは長時間過ごすような居心地のいい浜ではないので、プールに席を確保し、その合間合間にちょこちょこ海に出るって感じがいいと思います。
ハレクラニ前の海はスピリチュアルスポットですから最高です

そうそう、ワイキキの海でもマスクを付けて水中観察をしていたメンマに起こったラッキーなエピソードをここでご紹介します。

ハワイでは神とあがめられているホヌ(亀)に遭遇したんです
水中でスーッとメンマの下を横切っていったそうな…
ホヌが見られるかも…って思ったノースショア方面のビーチ、ラニカイやカイルアでも見なかったんですけど、意外な所で遭遇できるもんなのですね。

かなり大喜びしていたメンマを見ながら、私に浮かんだ疑念。
それは、
「なんで私に教えてくれへんかったん
「その感動を共有しようとは思わなかったん
などなど。

疑念をぶつけると、メンマはキョトンとした顔で「見たかったん」。(見たいに決まってるわい!)
「見たかったんや~でも、あっという間にサーッと去ってしまったから声を掛ける間もなかってん。ゴメンね。」と言ってました。
実際は、ホヌに夢中で私のことなど全く眼中になかったんだと思いますけど。

そんなこんなで、ハレクラニのプール&ビーチタイムは過ぎて行ったのでした。

前回のハワイでは1度も海に入らずプールオンリーだったんですが、今回は海泳ぎがとっても楽しかったです

今飛び込んできたニュース、阪神タイガースの赤星が引退
阪神生え抜きのスター選手だったのですごく残念です。
とはいえ、現役生活を続けられない身体ということなので、どうしようもないですね。
お疲れ様でした
関西ではニュースでも速報扱いだけど、関西以外ではあまり報道されないのかな~~

2009年12月 8日 (火)

ハワイ6日目 その2!

朝食後は周辺をブラブラとお散歩します。

ヒルトンならホテル内やビーチをお散歩、本当の意味での散歩になるのですが、ハレクラニ周辺はワイキキビーチウォークやらDFS、ロイヤルハワイアンセンターなどなど、ショッピング施設がたくさんあり・・・買っちまいました~~ ただの散歩で終わらない。

ハワイアンジュエリーは10Kでリーズナブルなものも多いので、メンマの表情もさほど曇りません。
当初はイニシャルネックレスだけを買うつもりだったのに、結局はプルメリアのデザインのネックレス&指輪をゲットしちまいました
10Kなんで細かい傷なんかも付き難く、普段使いにはちょうどいいです。

あと、ロイヤルハワイアンセンターのロクシタンでは、メンマのフレグランスを買いました。
WHITE TEAっていう限定品らしいのですが、さっぱりしていい香りです
セールだったので100mlのボトルが3,500円くらいで買えましたよ
これなら私も使えるしバッチリです。

Isi

Stone

交番の横にあるスピリチュアルスポットThe stones of life
これまで何度となくこの場所の前を通っていたはずなのに、全然気が付いてなかった~

Photoで、またまたデュークの元へ。
横からみるとこんな感じです。
この辺りはブラブラ歩いているだけで、とっても気持ちがいいです。
ついついお金も使ってしまいますが…

その後、ハレクラニへ戻って参りました

Photo_3
これからひと泳ぎしま~す

2009年12月 3日 (木)

ハワイ6日目 その1!

ハレクラニ2日目の朝

前日の朝ラナイに出た時は、頭にタオルを巻いてイスに横たわっている日本人女性とバッチリ目が合い、互いに気まずい雰囲気になりました。 ドキドキしながらそーっとラナイへ出ます…

隣は誰もいなくてホッとしたものの、向かいや斜めにはポツポツ人の姿もあり、なんとシェラトンには双眼鏡を持っている人も およよ…

この丸見えの雰囲気は前日でそこそこ慣れていたので、至近距離である隣室以外はもうどうでもいいやって感じですがね。

そういえば、最近結婚した伊東美咲がハレクラニを利用していたそうな。
神田うのが披露宴のメニューを公開していて、ミソスープ・ハレクラニ風ってのがありました。
セレブの方たちが泊まる丸見えじゃない部屋、私たちの丸見えカテゴリーでも1泊$500越えなので、相当なお値段のハズです


この日も、ヒルトンにいた4日目の朝までのような、スケジュールびっしり…って感じではないので、7時半に起床して朝食へ向かいました。 もちろん、そこそこ身なりを整えて

Photoこの日は、オーキッズ
オーキッズでの朝食はセットメニューから選ぶ…と何かの案内に書いてあったものの、エッグスベネディクトを食べたかった私は、アラカルトにチェンジしてもらえないかとお願いするつもりでいました。
でも、ウエイターから、同額の他のメニューへのチェンジもと説明があり、問題ナシ

Photo_2で、私が頼んだエッグスベネディクトがコレです。
Eggs Benedict with Alaskan King Crab Cake $17.50
ポーチドエッグとトーストしたマフィンの間にはカニがサンドしてあり、ソースがたっぷりかかっていて、めちゃくちゃおいしかったです~~~

こんな感じなら自分でエッグスベネディクトもどきを作れそう
…と、帰ってレシピを調べたものの即ノックダウン
このソース、オランデーズソースって言うんですけど、バターの量がハンパじゃないのです
バターを1個(250g)溶かしたものに卵黄を加えて味を整えるみたいな…ハイカロリーのソース、自分で作って食べる勇気は私にはありません。
コワイ…

Photo_3

Photo_4

メンマが頼んだのは、ハレクラニリビング。
Halekulani Living Breakfast
Energy Booster
Fresh Tropical Island Fruit or Seasonal Berries
Egg White Omelette with Fine Herbs and Organic Shiitake Mushrooms
Whole Wheat English Muffin
Coffee, Tea or a Glass of Freshly Squeezed Juice
$25.00


身体に優しい朝食って感じのメニューですが、白身卵のオムレツ…?全く興味ナシです。
メニューを見た時も、これをオーダーするの? !!(゚ロ゚屮)屮 って思ったんですが、メンマの前に並んだものを見て、やっぱり…
とはいえ、鉄分タップリのベリー系のジュースなどやフルーツなどが添えてあり、身体には優しそうでしたよ。

ちなみに右画像の上側にジュースが2つありますが、フルーツが添えてある大きいグラスのジュースは私が頼んだジュース、ハレクラニサンライズです。 これも激ウマ!
ちなみに、小さい方はメンマのベリー系のジュースです。
The Halekulani Sunrise $7.50
A Delicious Combination of Fresh Orange and Lime Juices, Honey and Egg White
with a Dash of Nutmeg


メンマのセットメニューが$25なので、エッグスベネディクト$17・5+ドリンク$7.5の私の朝食は、追加料金ナシでした

レストランの雰囲気ですが、ハウスウイズアウトキーの方がビュッフェなのでカジュアルです。 オーキッズはかなり落ち着いています。
モアナサーフライダーの、アフタヌーンティーに似た雰囲気をかもし出していました。
ハレクラニはどこもかしこも静かなので自然と小声になり、無駄なパワーを使いません。喉が弱い私にはありがたいです。

スタッフのサービスは、不可はない…という感じの、クールはおもてなしでした。

帰り際、メンマに「メンマもアラカルトメニューから選べばよかったね!」と言うと、「これもおいしかったから、いいねん」と小声で返事が返ってきました。 それは本心か!?

以上、食べたかったものが食べられて私にとっては大満足の朝食タイムのご紹介でしたー

2009年11月30日 (月)

ハワイ5日目 その7!

明日から12月…バタバタしているうちにもう師走がやってきましたー
ハワイの旅行記もあと2週間以内にフィニッシュを迎えるつもりです

カノエ・ミラーさんのフラショーを後にして、周辺散策に出掛けました。

Photo入店を待つ人で溢れているチーズケーキファクトリー
1度行ったことがありますが、ガチャガチャして落ち着かないお店だったので、2度目はないって思ってます。

お料理もフツーですし、並んでまで入りたいとは思いません。
このお店の売りはたぶんケーキだと思うんですが、ケーキはお持ち帰り可なので、ケーキだけゲットしてラナイで食べるってのがオススメです ケーキはおいしかった…

Photo_2その後、モアナ・サーフライダーホテルの前を通過し、「今度はここに泊りたいね!」と言いながら、ハワイで初めてのオリンピック選手として金メダルを取った人、デューク・カハナモクの像へ。

この像は彼の生誕100周年の時に建てられたものだそうです。

デュークを取り上げていたテレビ番組で彼の泳ぎ(実写)を見るまでは、実在の人物像であることすら知らなかったのですが、その事を知ってから、この像に対する想いも180度変化しました。 すごい人だったんですね

ぼちぼちホテルに帰ろうかなぁ~と思ったその時、時間があったら行こうと思っていたフードパントリーの事を思い出しました
場所は、ハイアットHとプリンセスカイウラニHの間の道をビーチと逆側に進み、1つ目の信号を左折して少し進んだ右側です。

お目当ては、フラガールのパンケーキミックスです。
4年前にハワイに行った時にはアロハタワーの中にあったバッドアスコーヒー(閉店したとのウワサ…)でしか売っていなかったのですが、フードパントリーで買えるなんて(友達に教えてもらいました)…本当にうれしいで~す

長谷川理恵さんのお気に入りってことで知ったこのパンケーキミックス、エッグスンシングスのパンケーキミックスよりもお気に入りです

置いてあったのはたったの2種でしたが、いずれも私のお気に入りのフレーバー(ココナッツ&パイナップル・マカダミアン&マンゴー)でした。
今度は別のフレーバーも試してみたいなぁと思っていたものの、その2種も残りわずか…マカダミアン&マンゴーなんてラスト1だったので、買えただけでも幸せです~ 

それにしても、確かバッドアスで買った時$10を超えていたのに、フードパントリーだと$7~8(たぶん)だったのでおトク感もありました
もしかして、ウォルマートにも置いてあったのかな~今度行った時には要チェックです

買えたらいいなぁ~と思っていたパンケーキミックスをゲットし、気分良くハレクラニに戻りました。
ハワイも残すところあと1日ちょっと…寂しい気持ちを抱えつつ11時半に就寝し、5日目終了でーす ハレクラニのベッドは寝心地Good~

2009年11月18日 (水)

ハワイ5日目 その6!

ハレクラニのカクテルパーティの後、カノエ・ミラーさんのフラショーに向かいます
場所はハウスウイズアウトキー。

HPにはこのように記してあります。

樹齢100年を越すキアヴェの下で毎夜行われるハワイアン・ミュージックとフラダンスは、ハレクラニならではの伝統的なエンターテイメントとして、時を越えてお客様を魅了し続けています。
思い出残るサンセットと、毎晩のハワイアン・ミュージックに彩りを添えるのは、2人の元ミス・ハワイ、カノエ・ミラーとデビー・ナカネルアです。彼女たちの優雅でしなやかなサンセット・フラが、ハワイの夜をより一層美しく彩ってくれることでしょう

毎日7:00 am~9:00 pm
カジュアルなリゾートの装いでお越しください。


私たちが行ったのは、たぶん6時過ぎだったと思いますが、すでに結構な賑わいでした。

席に案内される前、「食事とカクテルのどちらですか?」みたいな事を聞かれます。

Photoお腹はカクテルパーティで満たされていたので、「カクテル」と答えると…こんな素晴らしい席に案内されました
ステージの斜め前…私にとっては特等席です
ステージの真正面だと、落ち着かないってのもあるんですが、何かの間違いでご一緒に!とお声がかかったら大変なので、斜めでよかったです。

周囲を観察してわかったこととしては、お食事席よりカクテル席の方が、ステージに近いってことです。
カクテル席はこじんまりしたテーブルで、お食事席は広めのテーブルが置いてありました。

P1040520P1040523_4

ダイヤモンドヘッドも見えます。シェラトンももれなく付いてきま~~す…
何をオーダーしたかすっかり忘れてしまいましたが、私はフローズンカクテル(右)でメンマははちみつ入りのジュースを頼んでいました。
これらはお部屋付けにしたので、後でわかったことなのですが、$20の請求でした。(チップを$3~4置きましたが)  ポテチはサービスのようですね。

そうそう、ここでのドレスコードはカジュアルなリゾートの装いとなっていますが、ビーチサンダル姿の人はどこにもいません。
カジュアルと言っても、ホテルのグレードによってニュアンスは変わってくると思うので、やっぱりくだけ過ぎない装いが必要だと思います。

このショーですが、毎日カノエさんが踊っているわけではありません。
カノエさんは日曜がお休みみたいなので、カノエさん目当ての人は日曜以外に行ってくださいね。 その他の日も、旅行や病気でお休みの場合もあると思うので、事前に確認した方がいいと思います。

メンマはショー好きで、ポリネシアンダンスとかファイヤーショー、マジックショーみたいなリズミカルで楽しい感じのものが好みなのですが、このフラショーも気に入ったようです。 大人になった…

P1040535P1040543_2

カノエさんは、生バンド演奏(唄あり)の合間合間に出てきて踊るという感じで、ずーっとショーに出ているわけではありません。
カノエさんが出ていなくても、ハワイアンミュージックの生演奏を聴きながらサンセットを眺めるひと時はすばらしいだろうとは思うのですが、カノエさんが登場するとステージが一気に華やかになります

カノエさんとしょっちゅう目が合って、「カノエさんが私を見てる!!」って緊張してしまうくらいくらい、カノエさんを堪能できました。
カノエさんのゆったりとした踊りと微笑みはとっても心地いいです。

カノエさん…私の見立てでは55歳くらいなんですが、年相応の程よい肉付きで、お化粧などもナチュラル。
若く見せようと頑張っている感が全くない自然体な人だと思います。


そんな中、気になったことがあります。
レーシックで視力がしたおかげで、見えなくていいものまでよく見えるようになった私ですが、カノエさんのカカトがガチガチにひび割れていたのです
カノエさんももちろんお手入れをしておられると思いますが、素足で踊るフラですから、追いつかないんでしょうね。
カノエさんのカカトが踊っている最中に出血しないか心配です。


ということで、カカトの発見はちょっぴり切ないながらも大満足のショーでした。
このショーは、ブログへのコメントで教えていただいたのですが、本当に行ってよかったです
このショーの事をあれこれ調べていて、ハレクラニに泊まってみようとなったわけですから、いろんな意味で転機となったイベントでーす

より以前の記事一覧

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ