« 週末無料宿泊券のトラブル! 後編 | トップページ | 京橋花月で生はんにゃ! »

2010年2月17日 (水)

上海1日目 その7!

インターコンチネンタル上海浦東に戻ってきたのは、午後5時半すぎ。
許留山でのマンゴーデザートを我慢した甲斐があって、お腹もペコペコ

出向いたのはホテル内のレストランオリエンタルハウスです
エレガントな「Oriental House」では、賞に輝くシェフのウェンが最高の広東料理、上海料理、潮州料理、四川料理に腕をふるいます。 昼食と夕食には、できたての飲茶、冷菜と温菜のブッフェ、アラカルト メニューで本物の中華料理をご賞味ください。 自家製ソースで和えた海老のフライなどがレストラン自慢の料理です。

Photo

HPにはこんな感じで記してありますが、お店の雰囲気はホテルの披露宴会場のようなだだっ広いスペースにテーブルがポツポツおいてあるような感じ。

私たちが行った時は他のお客さんの姿もなかったので、寒々しい感じでした
窓際には最初から案内されませんでしたが、そこからの眺望に特別魅力があるとも思わなかったので、そのまま着席しました。(確かレストランは2階にある)
窓際でなくても、寒かったです…

そんな寒い中、チャイナドレスで働いているオリエンタルハウスのスタッフの対応はなかなかよかったです
1人、日本語を一生懸命話そうとする若い女性スタッフがいたのですが、「これは日本語で何と言うのですか?」と質問をしてきたり、日本語を覚えようとする熱心さも見受けられました。
メニューを見ながら考えている私たちにあれこれアドバイスをしてくれたり、とても好感の持てる人でしたね。今でも顔が目に浮かびます…
説明には微妙な間違いが多いので、「こんなの頼んだっけ」と思うものもいくつかありましたが…
とはいえ、「多すぎます、そんなに食べません!」と、これ以上オーダーしてはダメってことまで教えてくれた彼女は、上海での好感度NO.1です

Photo_2Photo_3

Photo_8

Photo_9

Photo_6Photo_7

食べたものはこんな感じです。

写真を撮りそびれたものとか、残すところ1コまで食べてしまっているものもありますが、ハズレはなかったです どれもおいしかった~

付き出し(?)とデザートはオーダー外ですが、こんなにお腹が一杯になったのがいつだったか思い出せないくらい久々の満腹状態になりました

1皿はご飯ものをオーダーしたはずなのに、焼きそば系が2皿やってきましたが、どっちもおいしかったですよ。
ちなみに…飲み物は中国茶をオーダーしたのみ。

おいしいものをお腹がピチピチになるまで食べて、税サ込225元(3,067円)という安さ
場所の雰囲気としては特筆すべきものは何もありませんが、メンマも私もとても気に入りました

« 週末無料宿泊券のトラブル! 後編 | トップページ | 京橋花月で生はんにゃ! »

2009上海(2度目)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ