カテゴリー「2010東京」の記事

2011年4月27日 (水)

東京3日目 その4!

ゴッホ展を満喫した後、ストリングス 東京インターコンチネンタルホテルに戻りました。

Tea_time部屋に戻る前にTHE DINNINGでティータイム
クラブフロア宿泊だと、別途費用はかかりません。
スティック状のオレンジピールのチョコがめちゃくちゃおいしかった~
疲れた身体にはやっぱり糖分

このホテルのクラブフロア特典にはかなり満足しましたが、次にここを訪れる時はクラブフロア以外でいいやと思います。

ホテルの雰囲気やサービス、仕様には何の不満もなく満足しているんですが、1泊46,200円の価値があるかどうか…。
ホテルの周辺に何もないようなホテルではなく、品川駅直結なのでちょっと歩けば食事やお茶もできて、ショッピングも楽しめます。
それらと部屋からの眺望(=カーテンを開けられない部屋)を考えると…ないと思います。
このホテルの場合、階層だけではなく、方角によっても料金設定を変えるべきじゃないかな…

そういえば、このホテルに泊まって気が付いたことですが、品川駅周辺もドラマのロケでしょっちゅう使われているんですね。
何気なくテレビを見ていると、東京遠征で覚えのある場所がよく登場するので、ちょっぴりうれしくなります。


ホテルをチェックアウト。
品川駅の賑わいを背にしながら、東京は本当に都会だな~洗練されてるな~と思いつつ羽田空港へ向かいました
東京で何度も何度も感じたことですが…


空港で買ったおみやげの一部をご紹介します。

PhotoPhoto_2

左側は、シュガーバターサンドの木です。
これを買い求めようとしている人の大行列をテレビカメラが追っていたんで、そんなに人気なんだったら…と買ってみました。
が、ホワイトチョコがあまり好きではない私にはイマイチでした。 サンドしているシリアル生地も…
とはいえ、メンマが気に入ってたくさん食べてくれたのでよかったです。

右側はらぁ油
これを炊きたてのごはんにかけて食べてみたんですが、この食べ方は
これは何かにちょっと足してみるって感じの、プラスαの調味料ですね。 ごはんのお供はムリ~~~

どちらも人気の品みたいですが、私はもう卒業でーす。


自分のためにはこんなのを買いました。

Photo_3ゴッホ展のオリジナルマグです
程よい大きさで、イラストがいいです。
ゴッホの自画像がドカン…ではなく、作品がちりばめられたデザインが

それと、品川駅にあるアトレってところに入っている鎌倉メーカーズシャツってところで、白シャツも買ったかな。

ということで、2泊3日の東京タビはこれで終わりです
もう5ヶ月も経っているんですが、想像していたよりずっと楽しかったです。

ゴッホ展、名古屋ではなく東京まで観に行って良かったです

でも、今は、今年1月~2月13日までの福岡会場を選んでおけばよかったと思っています。
福岡に住む叔母が先週に亡くなり、日帰りで福岡に行ってきました。
福岡を選択していれば叔母にも会えたハズと思うと、後悔が募ります…
が、最後のお別れが出来てよかったです。

Image007_3朝イチの福岡行の飛行機に乗り込む途中に見かけた飛行機です。 ケイタイで慌てて撮ったので、写メールモードでボケてます…
こころをひとつに、がんばろうニッポン」とペイントされていました。
個人的にとても悲しい1日でしたが、親しい人を失くしてツライ思いをしているたくさんの被災者のことを思い、私もメソメソしてはいられないと思いました

2011年4月19日 (火)

東京3日目 その2!

国立新美術館の中に入るとこの通りの賑わいです

7273

円形のカフェポールポキューズのレストランもあるんですよ
東京最終日のランチはポールポキューズで…と思っていたのですが、ここは平日でもかなり混んでいました。

B1にミュージアムショップ、スーベニア フローム トーキョーがあります。
見ているだけでも楽しいグッズがたくさんあって、楽しかったです。
メンマがオリジナルグッズののシャーペンを買いました~

ゴッホ展

私が気に入った絵は、ゴッホが南フランスのアルルに住んでいた頃に描かれた絵です。

Photo_2アルルで住んでいた黄色い家のゴッホの部屋。
ゴッホは日本を南フランスのような国だと思っていたようですが、ちなみに私が住むマンションも黄色い外壁で、南フランスのヴィラのような…とパンフレットにありました。ちょっと、ゴッホとかぶってる~~

この家で、ゴッホはゴーギャンとの共同生活を待ちわびていました。
ゴーギャンは、ゴッホの弟のテオとアルルでの生活費の支払いなどの約束を交わした末に、重い腰を上げてアルルに向かいます。

念願のゴーギャンとの生活が始まり、2人で作品を描く日々が始まったのもつかの間、ゴッホが耳切り事件を起こして2人の生活は劇的に幕を閉じます。

Photo_2ゴッホの有名な絵、ひまわりはゴーギャンを迎えるため、黄色い家を美しく飾ろうとして描いたとされていますが(何点もある)ゴーギャンの椅子も彼のために用意したものです。
自分の椅子よりも座り心地がよさそうなものを用意しました。
ゴッホは尽くすタイプだったんですね。 やや暑苦しそうだけど…
ローソクのはかなげな炎がその後の2人を物語るようです。

とはいえ、このアルルではゴッホの代表作となるいくつかの絵が描かれています。
アルルには、変人と呼ばれていたゴッホにも親しく付き合っていた人たちがたくさんいました。
その人たちの絵や、今回展示はされていなかった夜のカフェテラスなどなど

自分の耳を切って精神病院に送られてしまうような事件を起こしたのも、楽しみにしていたゴーギャンとの生活によるストレスだったのかもしれませんが、こんなに激しい性格のゴッホと一緒に住んでいたゴーギャンもかなりお疲れだったでしょう。

2人が出会わなければよかったのかな~なんて思うものの、ゴーギャンがくるのを楽しみに待っている間に描かれた作品は、明るくて希望に満ちた感じがします。

このような鮮やかな色使いは極寒のシベリアでは出せないと思いますが、アルルの陽射しがゴッホの性格をもう少し和らげてくれていたら…何かが変わっていたのかな

とはいえ、その後の療養生活の中で描かれた作品も胸を打つ切なさがあり、ゴッホには「もしも」なんてなかった…こんな風にしか生きられない人だったのだろうと思います。
まさに炎の画家

Photo_4いつかオランダに行って、ゴッホの絵を堪能したいです

が、今回、こんなにたくさんのゴッホの絵を見ることができて、満足できました
平日だったので、待ち時間ゼロで入れたのだと思いますが、ゴッホ展の展示場はかなり混雑していましたし、ゴッホ展オリジナルギフトショップも大混雑。
ここではレジ待ちがありました。

とはいえ、今回は東京まではるばる出掛けてよかったです
何がよかったって、国立新美術館がすごく気に入りました。
外観&周辺の雰囲気や各フロアの施設、自分の中ではNO.1の美術館です

2011年4月13日 (水)

東京3日目 その1!

いよいよ最終日、東京3日目です
この東京ツアーを計画した最大の目的、ゴッホ展に行きました~~

つい最近、4月10日までは名古屋に場所を移して開催されていましたが、日本での展示はすべて終わってしまいました

土日ではなく11月22日(去年です)、日曜と祝日の間の平日を選び、混雑していないことを祈りつつ…国立新美術館へ向かいました。

移動ルートは、品川→JR原宿・千代田線 明治神宮→乃木坂で、美術館は乃木坂の駅から直結しています。
乃木坂に着いて、地上に出てみると結構な雨が降っていましたが、屋外のアトラクションではなく屋内の美術館なので問題ないです

Photo国立新美術館です
このすばらしい外観…外から見るだけでもウキウキしました
大阪や京都、奈良周辺の美術館は、クラッシクな趣き(簡単に言うと、古い)がある建物が多いのですが、丸くてフワット浮きそうなカワイイ建物だな~と思いました。

調べてみると、コンセプトは森の中の美術館だそうです。
森の中の雲みたいな感じがしました。
ちなみに、述べ床面積は国内最大で、黒川記章さんの設計です。

美術館に入る時は身軽にするためにロッカーに荷物や服を預けるんですが、使用済みだらけで、探すのに苦労しました。

国立新美術館はゴッホ展だけではなく、他の展示やレストラン、ギフトショップなどがあるちょっとしたテーマパークなんで、ロッカーのニーズも高いんですね。

ホテルを出たのは9時45分だったんですが、10時30分頃には中に入れました。
私の入場待ち時間の最長記録は、青いターバンの少女が展示されたフェルメール展での2時間半ですが、ここでは0分…並ばずに入れてよかったです~

中の様子は次回に

250pxjohannes_vermeer_16321675__theご参考…
この青いターバンの少女は北のモナリザと呼ばれているフェルメールの代表作です。

2011年4月 6日 (水)

東京2日目 その5!

港区の100円ループバス=ちいばすはとっても便利です。ネーミングも可愛い

東京は鉄道も発達していますが、ランチ場所付近を通るこのバスで六本木ヒルズまで直行できたのは相当ラクチンでした

このバスは事前リサーチではなく東京で知りました。
ちいばすのバス停を見かけたので、バス待ちをしていた人に六本木ヒルズまで行けるかどうか聞いてみたらビンゴ

バスの方が、街並みを近くから眺められるので楽しいです
東京は大阪よりも車の量も多いので、車の運転が大変だろうな~と思っていたんですが、大阪よりも車幅が広くて走りやすそうでした。
道路の問題だけではなく、大阪には運転マナーが悪い人の絶対数が多いんだと思うんですが、東京では車間距離を詰めたり、ウインカーを出さずに猛スピードで抜き去る車も少なそうです。

東京が日本の首都でよかったと心から思いました。

59六本木ヒルズに行った目的は、展望台TOKYO CITY VIEWです。
朝から行動していたので、夜景が見られる時間まではいられませんでしたが、なかなかの眺めでしたよ。
意外だったのは、前日にスカイツリーを見た時よりも、東京タワーを見た時の方が、断然テンションが上がったことです

地震の影響で先が曲がってしまったそうですが、私は東京タワーの方がカッコイイって思いました

63_2夕方だったので西側はこんな感じです。メンマのシルエット入り
チケットは、東京に着いてからコンビニで購入(JTBレジャーチケット)しました。
現地で購入すると1,500円なんですが、この買い方だと1,200円になるんで、おトクです

メンマが軽い高所恐怖症なので長居はしませんでしたが、まぁこんなもんか…って感想でヒルズを後にしました。

帰りはちいばすでJR田町駅まで行き、JRを使ってホテルに戻りました

2011年4月 4日 (月)

東京2日目 その4!

明治神宮を後にして向かった先は、神宮外苑です。
東京メトロの明治神宮前から乗車して表参道で乗り換え、外苑前で下車しました

55_257

車道に侵入することはできませんが、いちょう並木はとてもキレイでした
御堂筋のいちょう並木もキレイですが、ミナミのド真ん中の御堂筋と神宮では、雰囲気が全然違います。

Takagiそして、ル・パティシエ タカギでランチtime
PASSAGE AOYAMAってところにあります。
落ち着かないお店でした。
混んでいたってのもありますが、メインを食べて終わってもサラダや1人分だけパンが来ないとか、メンマのデザートが運ばれてきても私のデザートは来ない…スタッフが少ないわけではなく、フリーの人もいるのに効率よく動けていない感じです…

床質の問題もあるんでしょうが、スタッフの靴音が響いてビミョーにうるさいな~と思っていると、カップを落としてガッシャーン

Photo_3Photo_6

お味は悪くはなかった…いや、むしろ美味しかったと思うのですが、店の雰囲気がこの感じなので、美味しかったこともまもなく忘れるでしょう。
スタッフの態度が悪いわけではなく、ニコニコした感じなんですが、従業員教育に力を入れた方がいいと思います。
画像はメンマが自分がオーダーしたものを携帯で撮ったものですが、自分が何を食べたのかは、全く思い出せません

そうそう、この後は、100円のループバスを使って、六本木ヒルズに向かう予定だったんですが、精算時にもすったもんだがありました。

メンマが確か1,800円、私が1,500円のコースを頼んでいたんですが、「3,600円です」と言うので、「3,300円だと思うんですが…」と返すと、「1,800円と1,800円のコースなので3,600円ですね」と返してきました。
「私のコースは1,800円ではなく1,500円だと思います。メニューで確認して下さいませんか」と言うと、そこでしばらく待たされました。

1度のうっかりミスは許せますが、間違いを指摘してもこの調子で待機を強いられ、「こちらの間違いでした」と正しい金額に訂正されたかと思うと、カード払いでまたもやすったもんだ

クレームは毎度私が担当していますが、メンマが「カード払いできますか」と聞くと、「大丈夫です」と普通に言ったので、カードを出したところ、そこからがまた進まない。

バスの時間が迫っていたので、「間に合わないから、現金で支払おう」とメンマに告げて、私はバス停に先に向かいしました。メンマの方が足が速いので…

メンマがギリギリに駆け込んできましたが、結局は、現金払いもできず、引き続き待たされたそうな。

メニューの把握も不十分&こんなに手際が悪いスタッフをレジに配置しちゃダメじゃー


では、六本木ヒルズに向かいまーす

2011年3月10日 (木)

東京2日目 その3!

11:00 御苑北門にて入場料(1人500円)を払って中に入ります。

4北門を入ればすぐに清正井(清正の井戸)がある・・・と思っていたんですが、庭園が広がっていました
大きな池もあり、その周りにだけたくさんの人が集まっています。
望遠鏡やカメラで何かを追っているようだったので、ムツゴロウさん風の人に「珍しいものが見られるんですか?」と尋ねてみると、「カワセミ」とのお返事

250pxalcedo_atthis_4_lukasz_lukasikムツゴロウさんの声がめちゃくちゃ小さくて…いや、声の張り具合が関西とは違って落ち着いた感じだったんで聞こえにくかったんですが、たぶんカワセミと言っておられたように思います。

カワセミは、スズメ位の大きさでヒスイと呼ばれているキレイな鳥だそうです。

そういえば、去年のGWに小田原ヒルトンの散歩道でバードウォッチングを試みたのに、一羽も見つけられなかったなぁ あちこちから声は聞こえてくるのに、いざ姿を捉えようとすると見つからない…

東京のド真ん中でバードウォッチングが楽しめることに驚きつつ、清正井に向かいました~

御苑内に立つ案内板に沿って進めばいいだけなのですが、前後に歩く人も行き交う人もごくわずか。
相当な混雑を予測していたので、幸いです。

5で、コチラが清正井でございます
清正井の周辺だけ行列ができていましたが、15分位で私たちも井戸を拝むことができましたよ。
待機しておられる係員の方から、直前にちょっとした禁止事項の説明があります。
入場チケットを井戸に浸したりする人もいるらしく、何かを井戸に浸すことは
もちろん、井戸の水をくみ上げて持ち帰ることも


できることは、ちょっと手を浸す程度です。
私にはそれで十分なんですが、わざわざ説明があるってことは、ここでいろんなことにトライする人が多いってことでしょうね。

じんわりと温もりがある透き通った井戸水でした。
GWには加藤清正ゆかりの名古屋城に行き、メンマと私にとっては清正に縁があった2010年になりました

6_2で、北門に戻るとこの大行列~
私って、ツイてると思いませんか

スピリチュアルスポットブームを実感しつつ、その日からメンマと私のの待ち受け画面は清正井になりましたとさ ヘヘヘ…

ふとカウンターを見ると、10万アクセスを超えていました。

私の性格が前面に出ているコッテリしたブログですが、どなたかのお役に立てていればいいなぁと思います。
ちなみに、検索ワードNO1はインターコンチネンタルアンバサダーで、NO2はもう二度と行かないだろうと思っている大和高原カントリークラブで~~す。

2011年3月 3日 (木)

東京2日目 その2!

また寒くなりました…
先週の私のバースデーはポカポカ陽気だったのに~~
バースデーディナーは北新地付近のANAクラウンプラザ大阪の花梨という中華料理のレストランに行ったんですが、週末の北新地がものすごく賑わっていてビックリしましたよ~
メンマは会社帰りに直行したので私はで行ったんですが、新地に入った途端に車が進めなくなりました。
工事でもしてるのかな~と思ったら、人が多すぎて中々前に進めないんです メンマが運転していたら相当ストレスが溜まっただろうなぁ~
不況を感じさせないあの活気
少し景気はしてるのかも。


で、東京2日目の旅行記の続きです。

朝食後は、明治神宮に向かいました。

1_5周辺にはいくつかの駅がありますが、私はJRを使いました。
原宿駅のすぐそばに南参道に入る鳥居があります。
品川から原宿までは15分ほどなので、ホテルを出て30分後の10時20分頃に到着です。

こんなに広々としたのどかな場所が東京にはあるんですね
南参道の木陰は涼しげでとても清々しい気分になれます

3_2本殿(御社殿)までの道中にある御苑北門で、清正井の入場整理券を配布しているので、まずそれを先にもらいに行きました。
日曜なので、何時の入場チケットをもらえるのか…ドキドキしたものの、11:00の入場整理券をGet。

整理券は画像左側の人が配布していました。
■「清正井」へ入場する場合は当日発行の整理券が必要です。(開苑時より御苑北門で配布)
■入場の際には御苑入場料(1人500円)を支払います。


本殿を参拝して戻ってくればちょうどいい感じ
早くてもお昼すぎだろうなぁ~と思っていたので、ラッキーでした。

2_2明治神宮は明治天皇と昭憲皇太后をお祀りする神社で、清らかで森厳な内苑を中心に、数多くの優れたスポーツ施設を持つ外苑と、明治記念館からなります。
内・外苑一帯にわたって緑したたる常磐の森は、神宮御鎮座にあたり、全国から献木されたおよそ10万本、365種の人工林で、面積は70万平方メートル、国民の心のふるさと、憩いの場所として親しまれています。


HPには↑とあります。

本殿の両脇には大きな木がありますが、ちなみに左側は夫婦楠。
夫婦円満を祈願した植樹です。
メンマと私も深~く一礼。

内苑を歩いているだけでとても爽やかな気分になりました。
まさに国民の心のふるさと…ですね。

で、11:00ちょっと前に御苑北門に戻りました

2011年2月21日 (月)

東京2日目 その1!

全然進んでない東京旅行記です。
いつになったら終わるのやら…

2日目、7時起床
朝食はTHE DINNINGで頂きます。

1_32

私たちはストリングスビュッフェを食べましたが、セットメニューやアラカルトもあります
オーガニック食材によるビュッフェってことで、栄養価も高そう&安心して食べられるんですが、1人3,360円…ちと高くない

私たちは朝食込の予約なので別途3,360円を支払う必要はないものの、コストを抑えたい方は品川駅周辺で朝食を食べた方がいいかも。
ビュッフェにしては品数も少なめでバラエティに富んだとは言い難いのですが、オムレツの具材にキャビアなんかが置いてあったり、何気ないところに高級感がプーンと漂っておりました。

3_24

吹き抜けの広々とした空間での食事はとても気持ちよかったです。

この後、明治神宮に向かいます。
清正の井(加藤清正の井戸)…にも行きましたよ~~


そうそう
新年早々うっとうしい出来事があり、出だしはイマイチな2011年だったんですが、その後いいコトがいくつかありました~

その1つが、コレ

110218_221742_2

お年玉年賀ハガキの3等が当たりました~~

カタログから好きなものを選べるので、私は銀座千疋屋のマンゴードリンクを選びました。
果汁100%だと思い込んでオーダーしたものの50%だったので、ガックリきてたんですが、とろみがあってかなり美味しかったです。

元々クジ運がそこそこいいメンマと私ですが、お年玉年賀ハガキは切手シートしかもらったことがなかったので、やった~~って感じでした。

配達して下さった郵政の方の、「おめでとうございます」の声かけもすごくうれしかったですし、それもこれも清正の井のおかげかな~なんて思っています。

2011年2月 3日 (木)

東京1日目 その6!

ストリングス 東京インターコンチネンタルホテルに戻ってきてちょっと休憩した後、THE DINNINGに行きました。
夕食前の軽く1杯です

クラブルーム宿泊者のパスポートを見せたら、専用メニューを持ってきてくれるので、適当に選びます。
確か、メンマはモスコミュールで私はカシスオレンジ。

1819

軽く1杯と思っていたものの、アルコールが朝5時起きの疲労感で一杯の身体にはとても心地よく…2杯目に突入しました~
ここのカクテルはアルコール度しっかりだったので、あまりお酒に強くないメンマはすぐにギブアップ 即効でコーヒーにチェンジ

このカナッペみたいなのはメニューにビンチョスとあったものですが、おいしかったです。

この後、夕食へ…と思って外へ出たんですが、ちょっとしか飲んでないのにメンマはホロ酔い&アルコールが入って疲れがドーッと出てきたのもあり、アトレ品川でサンドイッチなんかを買って、部屋に置いてあったフルーツと一緒に部屋食しました。

向かいのビルが丸見えなのでカーテンは開けられませんが、部屋はとても居心地よかったです

ってことで、この日はそのまま就寝

東京の1日目はこんな感じでした~

2011年1月27日 (木)

東京1日目 その5!

09_210

バスルームは広々としていて、バスピローも付いていました。画像には写ってないんですが…
ゆっくりバスタブで横たわれる感じになっているんですが、さほど背が高くない私は、軽く溺れそうになりました 足がバスタブの淵まで届かない…

脱衣所洗面台&トイレは、ダークな色調のフローリングでとても落ち着いた感じ。
オシャレな脱衣カゴや体重計、拡大鏡(私の必須アイテム)もありました

11アメニティボックスには、歯ブラシ・髭剃り・シャワーキャップ・コームが入っており、ボディウォッシュタオル(2つ)・ソープ(2つ)・入浴剤がありました。
バスルームの中には、インターコンチネンタルホテルではおなじみのElemisのシャンプー・コンディショナー・ボディシャンプーがあります。
Elemisの香りがあまり好きじゃないんですけど、別に用意をするのも面倒なので使います。

Photoアンバサダーギフトなんですが、ベアー柄のタンブラーでした。
ラッピングされた箱が置かれていたので、何かと思って空けて見るとタンブラーだったんです。
なかなかカワイイです。
あと、ホワイトベアーがベッドに寝そべっていました
「Take me home!」のタグが付いていたので、クラブルームの宿泊者へのプレゼントみたいです。

Photo_2クラブルームの特典として、部屋のミニバーがすべて飲み放題となっていました。
クラブルーム宿泊者専用ラウンジがないので、その代わりのサービスみたいなんですが、ワインのフルボトルもありましたよ

とはいえ、部屋でこれらを飲まなくても、ロビー階のTHE DINNINGで、ドリンクやお菓子のサービスがあります。

クラブルームに宿泊した場合、飲み物には不自由しませんね。

クラブルームの特典を要約しておきます

☆客室内プライベートバー
☆THE DINNINGでのビュッフェ(06:30~10:00)またはルームサービスでの朝食
☆THE DINNINGでの下記のサービス
  06:30~22:00 ドリンク・小菓子
  17:00~19:00 イブニングドリンク・スナック
☆アロマトリートメントを予約の場合
  スペシャルケアを1つサービス
☆フィットネスルーム終日
  ミストサウナは07:00~22:00
☆靴磨きサービス
☆エクスプレスチェックアウト

カードサイズのクラブルーム宿泊者専用パスポートをもらえるので、それを見せて利用します。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ