« 2014年11月 | トップページ | 2015年2月 »

2014年12月12日 (金)

東京2日目 その2!(完結)

有明コロシアムを出て、ゆりかもめでお台場方面に行くことにしました。
サンルート有明に預けていた荷物をピックアップして、国際展示場正門駅に着いたのは16時半くらいです。

新幹線は東京発20:20だったので、まだ時間に余裕がある…ってことで、メンマが見たいと言っていたガンダム像に向かいます。

Photo私はガンダムに興味を持つことなく生きてきたのですが、ダイバーシティ東京 プラザ フェスティバル広場にある、等身大のガンダム前にはたくさんの人がいました
中国からの観光客が多かったですね~~。
お台場は都心と比べて混雑もなく、比較的ゆったりしていました。

イルミネーションもキラキラしていてキレイでした。

Photo_2

私はお台場に行くのは初めてで、あまり興味が沸かない場所だったんですが、フジテレビの社屋や自由の女神像のようなテレビでお馴染みの場所を見ると、東京にいるんだなぁと実感します。

とはいえ…また行きたいって感じもないです。

新宿には、新宿御苑とかタカノのフルーツパーラーなど後ろ髪引かれる場所がいくつかあったんですけどね。

夕食は、お台場には心惹かれるお店がなかったので、ひとまず新橋まで行ってから…と思ったんですが、新橋でもピンと来るお店が見つけられませんでした。

新橋は、ウワサ通りのビジネスマンの街で、飲み屋さんが多いんですね。
あと、金券ショップもたくさんありました。

ってことで、結果的には東京駅のどーってことのないお店で食事。
どこもかしこも行列で、並ばずに座れるお店を探すのも大変でした。

さすが日本の首都にある東京駅…人が多い

大阪も一応日本第2の都市ですが、比じゃないです。
東京駅からではなく、品川駅から新幹線に乗り込めばよかった~~

人の多さと荷物を持ちながらの移動でヘトヘトになり、お土産を探す余裕もなかったです。
持ち帰るのも大変ですしね。

飛行機移動だったら伊丹空港からタクシーでスッと帰ることができるんですが、我が家(=メンマ)にとっては、新大阪は電車移動スポットなので、荷物は増やせません。

ってことで、22:50に新大阪駅に到着し、自宅にはピッタリ1時間後の23:50に着きました。

ヘトヘトになった1泊2日の東京旅行ですが、日清ドリームテニスは想像をはるかに超える楽しさだったので、行ってよかったです

おわり

2014年12月10日 (水)

東京2日目 その1!

ホテルで朝食を取って、9時半に有明コロシアムに向かいました
WOWOWのチケットカウンターでの引き換えが9時30分開始でしたが、有明コロシアムから近いサンルート有明に泊まっていたので、余裕です。

ただ…前夜あまり眠れなかったので、睡眠不足でした
ワクワクしすぎて眠れなかったのかなぁ…

10時から会場のはずが、長蛇の列ができていたせいかすでに入場を開始しているようでした。

WOWOWからは、「座席は先着順ではなくあらかじめ決められているので、早朝から並ぶことのないようにしてください。当日は身分を証明するものを提示していただく場合があるので、持参してください」と通達されていたのですが、チケット引換券を渡したら、身分の確認もなく一番上にあったチケットを無造作に渡されました。

結局、WOWOWでキープしているブロックの中での先着順だったのでしょうね。
とはいえ、十分よい席だったので、満足はしています。

P1000037Photo

私たちが座ったのはDブロックの半分よりちょっと前くらいの席です。(Dブロックは7000円の席でした)

次は、もっとも選手に近づけるコートサイド席に座りたいです。(コートサイド席は9000円)
というのも、その他の席だと選手にサインをもらったりしにくいんです。
試合の合間や試合後も、そのエリアにはコートサイド席のチケットを見せないと入れないんですよね。そこは厳重な警備が敷かれている…

イベントはWOWOWの無料放送に併せた11時スタートでしたが、松岡修造さんや選手が練習していたり、圭くんと国枝さん(車イス、テニス世界ランク1位)の表彰式などがその前にありました。

メインイベントは、圭くんとアガシの3セットマッチゲームだったのですが、圭くんがマスターズで負傷をしたため8ゲームのショートゲームに変更。
プラスα、松岡修造VSアガシのショートゲームもありました。

驚いたのは、会場に入場するアガシへの声援が、圭くんを上回る大声援だったことです。

4大大会を制覇したこともある元世界ランキング1位のアガシですが、今もやっぱりスターなんですね。
私もアガシのスキンヘッドを見た途端、テンションが上がりましたもん

メンマの隣の人は「アンドレ~~」(=アンドレ・アガシ)と何度も声援を送っていました。

その他は、日本の若手選手(ダニエル太郎・中川直樹・内田智海)などによるダブルス。
サプライズゲストのマイケル・チャンと国枝さんのショートゲーム。

圧巻は、圭くんと松岡修造、アガシ、マイケル4人によるダブルス。

アガシもマイケルも昔を彷彿させるすばらしいプレーでした
1セットなら、まだまだ圭くんにも勝てそうな勢いです

P1000091松岡修造
トークが冴えてましたよ~~
あんなに楽しかったのは、彼のおかげです。
テレビカメラが向いていなくても、サービス精神旺盛で、来場者を楽しませようとする姿勢があふれていました。

イベントは終了予定時刻の午後3時を大幅に超えて、午後4時すぎまであったんですが、長時間飽きることなくずっと楽しく過ごせました
こんなに楽しいイベントは滅多にないです。

感心したのは、圭くんは、何度も同じような質問を受けていて、私ですら「またそれを聞く!?」とげんなりする場面でもその都度誠実に対応していたことです。

松山秀樹(ゴルファー)は圭くんを見習ってほしいです。

Photo_3

家に帰ってきてからも「東京まで行った甲斐があったな~~」と思い返す中、来場者に対して配られた、松岡修造がCMに出ているカップラーメンの日清麺職人でメンマが2,000円のクオカードを当てました。(裏フタに書いてある数字で応募すれば、即当たり外れがわかるシステム)
ツイてる~~~

ツイているといえば、昔から大好きな石黒賢もWOWOWの放送部分で参加していたようで、かなり遠目からですが見えました
ウインブルドンテニスのスペシャルナビゲーターなんで、そのご縁で来てたのかな
杉山愛(細かった…)、フローレン・ダバディ(足が長かった…)、コートサイドには有名人がたくさんいました。

つづく

2014年12月 2日 (火)

東京1日目 その3!

今日は天気予報の通り、すごく寒かったです
暖かい先週に、バルコニーの網戸と窓ガラス(外側のみ)、床のテラコッタタイルをせっせと掃除しておいてよかった~
年末を慌ただしく過ごしたくないので、11月中旬から少しずつ大掃除を進めてます。

旅行記の続きです。
JR新宿からホテル最寄りの駅、国際展示場駅(りんかい線)までは、乗り換えなしで行くことができました。
ホテルには4時すぎに到着し、しばらく休憩してから俺のイタリアンへ。

東京にしかないと思っていたんですが、大阪の道頓堀エリアにもオープンしたようです。
ちょっと拍子抜けの感じもありましたが、ゆりかもめ 一本で行ける新橋本店へ行きました。

ゆりかもめに乗っている途中でお台場を通過したのですが、メンマが気にしていたガンダムの実物大の像も含めて、イルミネーションがキラキラしていてとてもキレイでした

俺のイタリアンは、大部分が立席なので食事しながら身体を休める感じはないです。
混雑している印象があったので5時半すぎに着いたのですが、すでに満席でした。

それでも10分程度の待ち時間で案内されたので、回転は速そうです。

スタンディング丸テーブルは想像通りで狭かった~~
見渡したところそのテーブルで3人まで利用可のようですが、荷物を置く場所もテーブルの下に付いているラックのみなので、荷物が多かったら大変だろうなぁ。
冬場にコートを着て行ったらどうなるんだろう…

アミューズ(突き出しみたいなもの)が300円、あと1ドリンクオーダーが必須です。

アミューズはパルメザンチーズのブロックでした。通常は削って食べるチーズがブロックで出てきたんでビックリ…
そのまま食べても割ってお料理にかけてもいいとのことだったので、そのまま食べてみましたが結構おいしかったです。

ドリンクは、喉が渇いていたので炭酸のカンパリオランジーナをオーダーしました。
3%のチューハイでも顔を赤くしているメンマでもおいしく飲めたので、お酒に弱い人にもおすすめです。

フードメニューからは、カルパッチョ、ワタリガニのパスタ、鴨のコンフィの3品をオーダー。
お腹に余裕があったらリゾットも…と思っていたんですが、満腹でムリでした。

PhotoPhoto_2

Photo_3Photo_4

ワタリガニのパスタがかなりのボリュームなので、調理に時間がかかる鴨のコンフィが届いた頃にはすでにお腹がいっぱいでした。
おいしかったです

この3品とドリンク2杯、アミューズ2つで4,500円くらいで、ウワサ通りコストパフォーマンスは高いですね。

でも…
立席での飲食は、早朝に起きて一日観光で歩いた身にはしんどかったです
スターバックスで休んでから帰りました…

座席も12席あり予約も可能なので、到着時刻が予めわかっている場合は10:00〜14:00の予約受付時間に問い合わせてみてくださいね。※新橋本店の場合

長い一日が終わりました

2日目につづく

« 2014年11月 | トップページ | 2015年2月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ