カテゴリー「2014沖縄」の記事

2015年6月24日 (水)

沖縄2泊3日の旅 その8

沖縄の旅行記を終えていない状態で北海道旅行の前日を迎えてしまいました
駆け足で、沖縄旅行記を終えようと思います。

あとは訪れた観光スポットのみ。

前回のブログに記した首里城以外のスポットを綴ります。

美ら海水族館

朝8時頃にレンタカーでホテルを出発し、道の駅 許田でのトイレ休憩&水族館のチケット購入を挟んで現地に到着したのは10時頃。
高速と一般道を使いますが、那覇市内からの片道2時間(往復4時間!)…決して近くはない、そこそこ疲れます

美ら海水族館は海洋博公園の中にあります。
海洋博公園には駐車場がP1~P8(いずれも無料)までありますが、私たちは美ら海水族館に最も近いP7に駐車しました。

P1010031_2まずは水族館に入り、大きな水槽で泳ぐジンベイザメを眺めました
白浜のアドベンチャーワールドや福岡のマリンワールド海の中道を上回る迫力です
ジンベイザメの複数飼育を試みたのは美ら海水族館が世界初らしいですが、いくら眺めても飽きません。
とても神秘的です

事前にプログラムガイドで解説やエサやりのイベント時間を確認しておくといいと思いますが、外せないのが、オキちゃん劇場です。

P1010046オキちゃん劇場では20分のイルカショーを見ることができるのですが、このショー、なんと無料です。
時間が限られている人は水族館に入館せずにイルカショーだけを楽しむこともできるのです
イルカたちは本当にカワイイです。
子供のみならず大人も童心に返って楽しめます
水族館の出口から徒歩5分くらいかかるので、席取りも含めて時間に余裕を持って行った方がいいと思います。

水族館とオキちゃん劇場、ウミガメ館、マナティ館等を見学し、トータルで2時間くらいで海洋博公園を後にしました。

古宇利大橋

P1010078

(ジャニーズの嵐のことです)のCMで有名になったそうです。
12月なので、泳いでいる人がいるわけでもなく、閑散としていました。
この橋を渡った先にあるのが古宇利島です。
沖縄の人たちはこの島のアダムとイブから誕生したとの伝説もあるようです。
海はとてもキレイで、キラキラ輝いていました

車でグルっと一周しましたが、「沖縄に行くならぜひ足を延ばしてください!」って程の場所でもないような…
北側のハートロックという場所は最近若者に人気があるようですが、私たち一行は誰もハートロックに気が付きませんでした。若者じゃないからかな~

嵐山展望台

P1010081古宇利島からの帰りに立ち寄ってみました。
私たちの他には誰もいなかったのですが、展望台までの道のりも展望台も物騒な感じがするくらい寂しいところです。
夜だったら、きっと恐怖を感じただろうな~~と思うくらい、シーンとしていました。
売店らしきものもありますが、ドアは開いているのに営業しているのかどうかがわからない感じです。

見晴しはマズマズですが、う~~ん、行かなくていいと思います。オススメしません。

おきなわワールド

43日目の午前中に行きました。
ホテルからレンタカーで25分。近いです。
今回の旅行までこの施設のことを知らなかったのですが、帰りのフライトを考えると那覇空港には1時までには着いておきたい、近場でどこか行ける場所はないか…と探した場所です。
メンマと私だけの旅行ならおきなわワールドにはたどり着いていなかったと思うのですが、思いの外、楽しかったです。

特に、みなさんが一生懸命踊ってくれた沖縄の伝統芸能「エイサー」。
両親は「元気が出た!!」と言っていたので、気に入ったようです。
迫力満点でした

1おきなわワールドにはなんと鍾乳洞、玉泉洞があります。
経年によりこんな風に地形が変化するなんて、ホントに不思議ですよね。
中に入ると、引き返すことができない(と思う)ので、約1.8kmの道のりを歩くことになると思いますが、価値はあります。
高齢者や目の悪い方は足元に注意を払う必要がありますが、人生初の鍾乳洞。
横溝正史の「八つ墓村」を思い出しました。

ハブショーなどもあるようですが、興味がなくて見ていません。ヘビ年生まれなんですけどね。
おきなわワールドでは約2時間過ごしました。

一旦ホテルに戻り、メンマと私でレンタカーを返しに行き、ゆいレールで那覇空港に向かいました。
空港で昼食を食べる予定だったので、予定通りに進んでよかったです。

以上で、沖縄旅行記は終了です。

まとめ

美ら海水族館もそうでしたが、沖縄も中国人や韓国人観光客の姿がすごく多かったです。
気になるマナーもありましたが、エイサーに参加して最後に一緒に踊ったりしている人々もいました。
この人達がいなかったらショーはかなり寂しくなっていたと思うので、とてもよかったです。
売店でも爆買いかどうかはわかりませんが、買い物を楽しんでおられた様子。

何事にも良い面、悪い面はあるかと思いますが、たくさんの外国人観光客が来てくれていてありがたいな~と思いました。

両親連れの旅行は気を遣います。かなり…
気疲れでヘトヘトになってしまいましたが、私が今こうやって生きているのも両親がいるから。
元気でいるうちに親孝行をしておきたいと企画したのですが、妹は「次はない」と言っております(笑)

終わり

次からは、3月7日&8日に行った1泊2日の弾丸ツアー、香港旅行記がスタートです。

旅行記は先になりそうですが、北海道旅行も楽しんできまーす

2015年4月 8日 (水)

沖縄2泊3日の旅 その7

沖縄で訪れた観光スポットについて。

首里城
ゆいレールを使えば、レンタカーがなくても行くことができる有名な観光スポットです。

Img_map_main_2

首里駅から守礼門までは徒歩で約15分とのことですが、首里駅から守礼門までバスも出ているそうです。
私たちはレンタカーだったので、首里社館の地下駐車場(B2)に停車しました。

P1010013_2P1010007_2

↑左画像は、園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)です。
琉球の石造建造物の代表的なものであり、1933年(昭和8)国宝に指定されたが、沖縄戦で一部破壊され、1957年(昭和32)復元された。
現在、国指定重要文化財となっている。また2000年(平成12)には世界遺産へ登録された。
…とのことです。

沖縄には御嶽(うたき)と呼ばれる、琉球の信仰における祭祀などを行っていた場所がいくつかありますが、そこはスピリチュアルスポットでもあるそうです

首里城まではゆるやかな坂を上がっていくので、見晴しの良い場所もあります。
私の父は守礼門のそばで転倒しましたので、足元にはお気を付けください

Photo_2順路沿いにあるものの見過ごしやすい、龍樋(りゅうひ)と呼ばれる場所があります。
友達からも教えてもらっていたんですが、ここは首里城で最もパワーが渦巻いている場所らしいです

私は特別何かを感じることはなかったんですが、見過ごさずに発見できたのは、そこに何かがあるから…

龍の口から湧水が湧き出していることからそのように名付けられた。この水は王宮の飲料水として使われていた。また、中国皇帝の使者・冊封使(さっぽうし)が琉球を訪れたとき、那覇港近くにあった「天使館(てんしかん)」という宿舎まで、毎日ここから水を運んだといわれている。龍の彫刻は1523年に中国からもたらされたもので、約500年前のものである。…とのことです。

P1010010_2

そして、首里城正殿です。
琉球王国最大の木造建造物で国殿または百浦添御殿(ももうらそえうどぅん)とよばれ、文字通り全国百の浦々を支配する象徴として最も重要な建物であった。…そうです。

記念写真を撮るのにピッタリの場所です。
12月下旬だったにも関わらず沖縄の空は真っ青で冬を感じさせませんでした

沖縄の象徴とも言える場所で、沖縄の歴史を知る意味でも一度は訪れたい場所です。
2時間程度で周れると思います。

首里城利用案内
≪入館料金≫
大人820円 高校生620円 小中学生310円
ゆいレールのフリー乗車券(一日券・二日券)を利用している場合は、首里城公園券売所窓口にて乗車券を提示することにより団体料金になるそうです。
≪駐車場≫
320円(小型車)

開館時間は時期によって変わりますので、ご確認ください。

2015年3月31日 (火)

沖縄2泊3日の旅 その6

香港旅行前に終わらせたかった沖縄旅行記、まだ残ってます
早く終えて、香港旅行記をスタートさせなければ…

沖縄グルメ情報の残りです。

3日目、那覇空港国内線ターミナル4階にあるどんぶりの店 志貴でこの旅最後の食事をしました。

メンマと私は沖縄フードで締めたかったんですが、両親と妹は「サンドイッチが食べたい」とのことで、別行動です。

Img_4727お店の前においてあったメニューボードですが、私たちはここに載っていない物を選んだので、他にもあります。

こちらはメンマがあらかじめチェックしておいてくれたお店なんですが、中に入ると壁面にはたくさんの有名人のサインが飾ってありました。
目立ったのは読売ジャイアンツの選手のサインです。

私の地元、岡町商店街にもありそうな丼屋さんって感じで、素朴な店構えでした。

Img_4728_2P1010153_3

メンマは海ぶどう丼(1,500円)、私はラフテー丼(920円)にしました。
メンマは海ぶどう好きらしいので(私はそうでもない)、最後に海ぶどうを食べることができて満足そうでした

ラフテー丼はパッと見て「ラフテーがちょっとしかない」残念な印象を抱きましたが、3枚入っていたラフテーを1枚メンマに食べてもらったくらいなので、結果的には十分な量でした。
見た目よりもしっかりお味は付いていますが、ラフテーにしてはパサっとした感じでした。
自分で圧力鍋で煮込んだ角煮の方がトロっとしているような…

とはいえ、帰り際にも沖縄フードを食べたい方はどーぞこちらへ。空港価格なのでちょっぴり高めですが…

この後、搭乗口の売店で売っているブルーシールのソフトクリームを食べて最後の最後まで沖縄フードを堪能しました

沖縄グルメを総括すると…
絶対に外せないのは、ブルーシールのアイスとアグー豚のしゃぶしゃぶだと思います。
ブルーシールは2日目にも行きましたが、私はウベや紅イモフレーバーが好きです。

どんぶりの店 志貴

住   所:那覇空港国内線ターミナル4階
電   話:098-859-0019
営業時間:19:00~20:00

※念のためご自身でご確認ください

2015年3月 3日 (火)

沖縄2泊3日の旅 その5

2日目ランチは、美ら海水族館から古宇利島に向かう途中に寄った橋の駅リカワルミで食べました。
古宇利大橋やワルミ海峡を眺められる見晴しのよい休憩場所(イスとテーブルがある)があり、そこであおさの天ぷらやサータアンダギーなどを買って食べました。

朝食をたっぷり食べていたのであまりお腹が空いてないのもあったんですが、しゃぶしゃぶの夕食を我那覇豚肉店(カフーナ旭橋店)で予約していたので、軽めのランチです。

我那覇豚肉店はダブルツリーbyヒルトン那覇の最寄り駅旭橋駅を挟んで斜め向かいにある感じなので、アクセスも抜群です

Sn00007_2

お肉の写真を撮っていなかったんで適当な写真からお肉の部分を切り取って貼り付けましたが、アグー豚のみならず和牛のしゃぶしゃぶもものすごくおいしかったです
アグーも脂身が甘くておいしかったですが、豆乳ダシでしゃぶしゃぶして食べる和牛もかなりイケました。

豆乳と昆布ダシの2種あり、私たち一同は豆乳ダシが初体験だったんですが、父親以外は和牛を豆乳でしゃぶしゃぶしながら食べました。
私たちはアグー豚と黒毛和牛のしゃぶしゃぶ食べ放題 をオーダーしたんですが、サイドメニューは食べ放題です。
太っ腹

◆サイドメニュー◆
一品もの:キムチ、ミミガーポン酢、もずく酢、枝豆、冷奴
サ ラ ダ :豚肉屋の豚しゃぶしゃぶサラダ、あぐー生ハムサラダ、シーザーサラダ
揚 げ 物:山原豚メンチカツ、山原豚揚げギョウザ、ホルモン焼き:トントロ塩、ホルモン炒め、ハツ塩
デザート:バニラ、チョコ、シークヮーサーヨーグルト、黒糖ジェラート

ぐるなび経由で予約をしたんですが、ぐるなびにはワンドリンク クーポンも付いているの使ってくださいね。
グラスビールやチューハイなんかもオーダーできます

またこのお店でしゃぶしゃぶを食べるために沖縄に行ってもいいな~と思うくらい、気に入りました~

我那覇豚肉店 カフーナ旭橋店

住   所:那覇市旭町1-9 カフーナ旭橋B-1街区1F
       ゆいレール旭橋駅すぐ
電   話:050-5796-4087
営業時間:月~土11:30~15:00 月~日17:00~24:00
定 休 日  :お盆・年始(旧盆:7/13~15)

※定休日の記載はちょっと?な部分がありますが、念のためご自身でご確認ください

2015年2月28日 (土)

沖縄2泊3日の旅 その4

1日目夕食はジャッキーステーキハウスです。

ランチが午後3時頃前後で遅かったため、さほどお腹も空いていなかったんですが、ダブルツリーbyヒルトン那覇から徒歩で5分程度の距離。
有名ステーキハウスとのことなのでせっかくの機会だと思い、行ってきました。
本当は国際通りの沖縄料理店に行く予定にしていたのですが、予定変更。
こちらもメンマがあらかじめ調べておいてくれたお店です。

ジャッキーステーキハウスも大行列
大通りではなく裏通りなのでその通り自体はシーンとしていますが、お店の一角だけが車の出入りが激しいので、わかりやすいと思います。

歩いて行ったので、駐車場が空くのを待たずに済んだだけでもよかったのかもしれません。
30分?いや、もっと待ったかな
両親は何か買って部屋で軽く食べるとのことで妹とメンマと3人だったんですが、待ち時間は結構ツラかったです。

座って待つことができるスペースも人数も限られているので、その他は外で立って待つしかないんですよね…両親連れじゃなくてよかった。

Photo_2

3人共ニューヨークステーキをオーダーしました。
Lサイズ1,800円・Sサイズ1,500円で、ライスorパン・スープ・サラダが付いてますので、コストパフォーマンスは最高です

とはいえ、おいしい!と言えるのはステーキプレートの上のお肉等で、他は普通?です。
スープは味の薄いテールか鶏がらスープに牛乳を入れたような感じで、一口食べただけで全部残してしまいました~ 食べ物を粗末にしてスミマセン…。
素朴な味とも言えるかもしれませんが、200mlの白湯に牛乳を50ml入れて、鶏がらスープの素をほんの少しとゆでたニンジンを少々入れたら近い味に仕上がりそうです。

店内にはたくさんの有名人のサインで埋め尽くされていてミーハーな気分になりますが、床が油でギトギトです。
ステーキプレートをテーブルに運ぶ際に肉汁や油分が床に飛び散っているんだと思いますが、テーブルに案内される際は、滑って転ばないように注意してくださいね

スープとギトギトの床を差し引いても、オススメです

ジャッキーステーキハウス
住   所: 沖縄県 那覇市 西1-7-3
       ゆいレール旭橋駅より徒歩3分
電   話:098-868-2408 
※予約不可
営業時間:11:00~ラストオーダーam1:00
定 休 日 :元旦・盆(旧暦7/15、ウークイのみ)
※ウークイが何だかわかりませんが転記しました。
 念のためご自身でご確認ください

2015年2月27日 (金)

沖縄2泊3日の旅 その3

今回利用したお食事処をご紹介します。

1日目のランチはまず沖縄そばを食べました。

当初はホテルからも近い首里そばに行く予定だったのですが、レンタカーを借りるのに手間取ってランチ営業(~午後2時)に間に合いそうもないということで、首里城の近くのあやぐ食堂に行きました。

お店の横にも2~3台の駐車場がありますが、横断歩道を渡った先にも7~8台程度の駐車スペースがあります。
が、午後2時半頃だったにも関わらず駐車場は満車。
20分くらい待ちました 人気ありますね…

2_31_2

沖縄そばは口に合わないようなことを言っていた父親でしたが、てびち(豚足)そば(620円)を完食していました。 おいしかったに違いない
画像はメンマと私が食べたソーキそば(620円)ですが、トロトロに煮込まれた骨付きのバラ肉(ソーキ)はとってもおいしかったです。
母と妹はこってり度が少な目のあやぐそば(530円)を選びました。
野菜炒めがたくさんトッピングされていておいしかったそうです。

このお店の特徴は安くておいしいだけではなく、沖縄そば以外にもたくさんのメニューがあることです。
お店の壁面には多数のメニュー札が並んでおり、カツやフライを食べている人もたくさんおられました。

父親が「あんなにたくさんのカツ、誰が食べるねん!」などと言ったりするんで、妹と私は父親を制する気苦労が伴うランチタイムでしたが、まさにフライの山盛り
コストパフォーマンスに優れたお店です。
メンマは「あれも食べてみたかった~~」と言ってましたが、おいしそうでしたよ。

このお店が近所だったら…おそらく常連になってしまうと思います

メンマがいくつか沖縄そばのおいしいお店をストックしてくれていたので助かりました。
メンマは沖縄で大活躍(笑)

オススメです

あやぐ食堂
住   所:沖縄県那覇市首里久場川町2-128-1
       ゆいレール首里駅より徒歩3分
電   
話:098-885-6585
営業時間:10:00~20:30
定 休 日 :水曜および元旦・1月2日
※念のためご自身でもご確認ください

2015年2月26日 (木)

沖縄2泊3日の旅 その2

宿泊はダブルツリーbyヒルトン那覇です。

ホテルについて
メンマが2部屋予約をしました。
メンマと私用に一番低いカテゴリーのクイーン(1人利用の朝食なしプラン)、両親と妹用に一つ上のカテゴリーのデラックスツイン+1ベッド(3人利用の朝食付プラン)です。

メンマはヒルトンHゴールド会員なので、1室は1人利用料金で同伴者を含めて2人利用でき、朝食も付きます。
当日の空き状況によって、1カテゴリーはアップグレードされる特典もあるので、そうなれば2部屋共デラックスになるかと思いこのような予約にしました。

結果としては、2部屋とも最上階の12階で、クイーンルーム→プレミアムルームクイーンとなり、もう一室はデラックスツイン→デラックストリプルになりました。

1プレミアルームにはマサージチェアがあります。
それがドンと幅を取っているので19㎡の広さでは手狭な感じにはなりますが、テレビを見ながらマッサージできるのは、この上なく快適です
居心地はかなりよかったです

デラックストリプルは29㎡でデラックスツインよりも広いので2部屋ともアップグレードしてもらえたのだと思いますが、3人部屋も快適だったそうです。

2_4

3_5

画像の左側には壁付けで22インチ位のテレビがあります。
すごく見ずらいのですが、テレビの左下に電気ポットやカップ、ティーバッグなどが置いてあります。

デスクの上にはウエルカムのお菓子が置いてありました。
チェックイン時に受け取ったチョコチップのクッキーも一緒に写真に撮りましたが、水も毎日2本置いてくれました。

45_2

アメニティも特に不自由はなく、バスローブもありました。
ナイトウエアは、パジャマタイプのズボン付き。お腹が冷えないのでうれしいです…
何となくシャツタイプのような気がしていたのでレギンスを持参していたのですが、持って行かなくてもよかったですね。

加湿器と空気清浄機は貸出となっていたので、事前に電話で2部屋共セットをお願いしていたのですが、セットされていませんでした。
電話をしてすぐに持ってきてもらったので、何の問題もありません。

その他、タイムズ(ホテルから徒歩5~6分)でレンタカーを借りていたので駐車場を利用しました。
24時間で500円で出し入れ自由です。
ホテルの裏側に平面駐車場が10台分程度、裏側の向かいの立体駐車場ビルも利用できるそうです。

ホテルはゆいレールの旭橋駅のすぐそばです。
空港への往復はゆいレールを利用しました。

朝食について
朝食は、沖縄そばやもずくなどの沖縄フードもありました。
パン好きのメンマはパンの種類が少なかったと言っていましたし、フルーツなども種類はやや少なめですが、それでも全部は食べきれないほどの品数でしたし、満足しています

スタッフの人たちも、私が両親の写真を撮ったりしていると「みなさんでお取りしましょうか?」と声掛けしてくれたり、親しみのある接客でした。

ヒルトンHゴールド会員特典について
通常ヒルトンHゴールド会員の特典は1室のみで、予約した部屋数すべて同様の特典を受けられるわけではないのですが、振り返ってみると今回は2部屋共優遇してもらえた…と思うのでとてもラッキーでした。
とはいえ、2部屋予約の場合のもう1室は朝食付で予約しておく必要があると思います。
朝食時のレストランはかなり混雑していましたが、ゴールド会員は時間予約ができるとのことだったので、予約しました。

ゴールド会員の特典として、PM5:00~9:00までの間にレストランで利用できるお飲み物券も5名分(2日分)いただきました。
利用できる時間が限られているのですが、メニューにはグラスビールも入っていました。

沖縄旅行最大のサプライズ
ダブルツリーのお飲み物特典の流れで記しますが、この特典のおかげで予想もしていなかった出来事に遭遇しました
2日目に父親を除く4人でお茶を飲んでいると…隣のテーブルにトータス松本さんがやってきたんです。

私の真横に座っておられたんですが、声としゃべり方に聞き覚えがあるな~~と思ったら、トータスさんだったんです。

こちらも関西弁でおしゃべりしていましたので、トータスさんも私たちが同郷であろうことは察しておられたと思うのですが(接近した隣席だった)、私たちが帰ろうとすると軽く会釈してくれました。

私は、「写真を一緒に取ってもらいたい」と声を掛けようとしていた妹を何度も制止していたのですが、そのタイミングで身を乗り出して「写真いいですか?」と言った妹に、「写真はちょっとダメなんですよ」とトータスさん。
メンマ以外の母、妹、私は握手してもらってレストランを後にしました~~

トータスさんはかなりイイ人そうでした
背が高い人だと想像していたのですが、そうでもなかったです。

2015年2月20日 (金)

沖縄2泊3日の旅 その1

私の両親、妹とメンマの5人で12月25日~27日、2泊3日の沖縄旅行に行きました。

親孝行は親が元気なうちにしかできないのもありますが、昨年5月にを亡くして以来、何となく元気がない両親の気分転換になればいいな~との思いで、妹と企画した旅行です。

とはいえ、親孝行には気苦労も伴いますね。かなり
動きやすく履きやすい靴で…と妹から言われていたにも関わらず、皮のジャケットを羽織り、靴底がツルツルの革靴を履いて空港にやって来た父親を連れての旅行だったので、色々ありました

そんな父親をうっとうしがることもなく帯同してくれたメンマには感謝しております。
以前、私と両親の3人でソウル旅行に行った際、父親とソウルの交差点で大ゲンカをしたことがあるのですが、メンマがいると不穏な空気が何となく解消するんです。
特に何をしているってわけでもないんですけど…

ともあれ、無事に帰って来ることができてよかったです。

簡単な工程を記し、要所については、追々綴っていこうと思います。
香港旅行までにはフィニッシュしたい~~

旅行中の沖縄の気温は18~23度程度、暖かくて快適でした
予報では曇りや雨マークばかりだったんですが、沖縄に行ってからは晴れマークも出るようになり、結果的には雨に見舞われることはありませんでした。

私の晴れ女パワーもまだまだ健在で~す

---旅程--- はレンタカー移動

<1日目>
伊丹空港09:45出発
 ↓
那覇空港12:05到着
 ↓モノレール
旭橋駅
ダブルツリーbyヒルトンホテルへチェックイン
※タイムス那覇久米店(徒歩5分強)でレンタカーを借りる
 ↓
昼食 あやぐ食堂
沖縄そばを食べる
 ↓
首里城
父親転倒
 ↓
アウトレット あしびなー
父親の靴を買う
 ↓
ホテルに戻る
1階レストランにてティータイム
 ↓徒歩
夕食 ジャッキーステーキハウス
ステーキを食べる

<2日目>
ホテルにて朝食 
07:50 発
 ↓
道の駅 許田
美ら海水族館や沖縄ワールドのチケットを購入
 
10:00 美ら海水族館
 
12:45 橋の駅リカワルミ
軽食を食べる
 
古宇利大橋を渡って古宇利島へ
 ↓
嵐山展望台
 ↓
ホテル
両親は休憩
妹とメンマ、私でモノレールで国際通りへ
ブルーシールアイスを食べてお土産を買う

 ↓徒歩
18:15 夕食 我那覇豚肉店   カフーナ旭橋
アグー豚を食べる
 ↓徒歩
ホテル1階レストランにてティータイム
トータス松本さんに遭遇

<3日目>
ホテルにて朝食
08:50発
 ↓ 
09:20 おきなわワールド 
鍾乳洞に行き、10:30~エイサーを鑑賞 
11:15発
 ↓
ホテルチェックアウト
12:15 旭橋駅
 ↓モノレール
12:30 那覇空港
昼食 どんぶりの店 志貴
14:20出発
 ↓
伊丹空港16:10到着

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ